CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site
Facebook


ありのままのあなたを取り戻す
<< 歩き出せないほどの足の甲の痛みでお困りではありませんか? | TOP | 不思議治療への扉-1「キュンキュン来た!」 >>
ぎっくり腰でベッドから立ち上がれずにお困りではありませんか?

「ぎっくり腰の痛みでベッドから立ち上がれずにお困りではありませんか?」

 

みなさんおはようございます!京都市山科区の渋谷街道沿いにあるじとう接骨院の院長、地當です。

 

朝起きて顔を洗おうと腰をかがめた瞬間にやってくるぎっくり腰。朝方に冷えてくる時期なので、腰が冷えている方にこんな症状が多い気がします。ひどい場合は歩けないぐらいの痛みが出たり、ズキズキと痛む場合もあります。

 

腰を伸ばそうとしても「クの字」の状態のままでそれ以上伸ばすことができない…
逆に腰を曲げることができず、トイレでお尻を拭くことが苦しい、靴下を履こうとしても足が近づいてこない…
仕事をされている方は、「明日仕事ちゃんと行けるかな?」「取引先に迷惑をかけてしまう…」と不安になる方も多いと思います。

 

ぎっくり腰になった翌日は、「朝、ベッドから起き上がろうとしたら痛みで立ち上がれない」といったことがよくあります。
なぜそんな事が起こるのでしょうか!

 

動いている間は結構大丈夫でも、寝ている間はほぼ同じ姿勢でいること。朝方に冷える今の時期は筋肉や関節が固まりやすいこと。そのために痛みが強く出て動けなくなってしまうのです。

 

では、そんな時はどのようにすればよいのでしょうか!

 

【ぎっくり腰の時にベッドから起き上がる方法】
  1. ぎっくり腰でベッドから下りるときは、腰をひねらないように注意しながら膝を立て、仰向けの状態になります
  2. その姿勢のまま上体を横にして、両足をベッドから下ろして、手でベッドを押しながら静かに起き上がります。
  3. そしてベッドサイドに腰をかけましょう。

 

【ベッドサイドから立ち上がる方法】
  1. 浅く腰掛けてから、足を引いて膝を深く曲げましょう
  2. 体を前傾させましょう
  3. 両足に体重をしっかりと乗せて、ももの前の筋肉で体重を支えましょう
  4. 腰が反らないように腹筋を緊張させつつ膝と股関節を伸ばしましょう

 

股関節の前の腸腰筋が緊張していると腰を伸ばすこと自体が痛い場合がありますが、無理に体を伸ばそうとはせずに、時間をかけて、ゆっくりと股関節を伸ばすように心がけるようにしましょう。できるだけ負担を掛けないような方法で立ち上がることができればベストだと思います。上記のような手順ですると、あまり痛み無く立ち上がる事が可能になります。

 

ベッドに入るときにはこの動作を逆に行います。
ちなみにベッドに入る際には、痛いほうの腰から行うようにするのが一般的で効果的です。左側が痛い人の場合には、ベッドの縁に腰をかけて、体を左側から倒すようにしていくといいと思います。

 

「ベッドから起き上がるくらい問題ないでしょ」と思われるかもしれませんが、実際にぎっくり腰になってみると、起き上がるだけでも結構な痛みを伴いますので、知っておくとのちのち役に立つかもしれませんよ。

 

この方法を実行していただいた患者さんは、朝起きる時に不安なく動けるようになって、通常よりも早くぎっくり腰から回復されました。ぜひお試しください。

 

最新の腰痛治療の研究によると、ぎっくり腰の際に一番治りが遅いのは、安静にしてしまう事。一番治りが早いのが、出来る範囲で普段通り生活していた方という事です。 安静にし過ぎるのは、逆効果なんですね!怖がらずに、普段通りに近い生活をしましょう!

1日でも早く腰の痛みから解放されて、ニコニコと日常を送れるようになるといいですね。

 

ただし、痛みが激しい場合や、気分が悪い時、足がしびれて動けない時などは自分で何とかしようとせず、速やかに医療機関にかかって下さいね。病院にかかった方が良いのか、接骨院で治療できるのかわからない時は、遠慮なくお電話ください。

 

同じようなお悩みを抱えていらっしゃる方で、どうしても早くに痛みから解放されたいという方は、じとう接骨院までご相談くださいね。痛みを出す原因となる筋肉や骨格を探し出し、からだ全体のバランスを取り戻すことによって、より早く改善に導きます。

 

当院は、日常生活をニコニコと過ごすのが辛いほどの不調や痛みで傷ついているあなたの「なんで?」を明らかにし、あなたの「困りごと」を解決することによって、活き活きと過ごしていただくことを目標としています。

 

じとう接骨院は完全予約制のため、一日に対応できる患者さまの人数に限りがあります。
長年の痛みや保険が使えない症状である、慢性的な腰痛や肩こりの辛さや不安から解放されたいという方は、お電話で予約を確保いただくようお願いいたします。

 

当院では、急性の外傷以外は自費で承っております。自費治療では保険治療ではできないようなオーダーメードの治療をすることができます。

*************************************
  • 初診料 2,160円
  • 施術料 6,480円
*************************************

受診をご希望の方は、075-595-0889まで、今すぐお電話ください。
じとう接骨院サイトhttp://jitohone.com/ ←こちらも見てくださいね。

 

診察時間:
  • 平日8:30〜12:30、16:00〜20:00
  • 土曜日8:30〜12:30

〒607-8077 京都市山科区音羽沢町10-7
075-595-0889(オハヤク)

posted by 地當健一 | 22:04 | 腰痛・ぎっくり腰 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.jito.pecori.jp/trackback/47
トラックバック